ペンタゴンチャートが使えるFX業者一覧

テクニカル分析方法の中でも、特にFXにおいて使われている指標であり、五角形の底辺と対辺がフィボナッチ数列の関係にあるペンタゴンチャートを使うことが出来る業者の一覧です。


クリック証券

ネット証券大手であり、FXにおいても取引ツール「はっちゅう君」が使いやすいと評判のGMOクリック証券。

はっちゅう君やWeb画面から起動することができる「プラチナチャート」においてペンタゴンチャートを使うことができます。

テクニカル分析表示欄の一番下に隠れているので少々分かりづらいですが、ボラティリティ係数やCCIなどのマイナーな指標も用意されているのが特徴です。

⇒GMOクリック証券の口コミを見る


現在はDMM.com証券にその座を譲ってしまいましたが、業界最高水準のスワップポイントの高さを維持し続けるFXCMジャパン証券。

特にスワップ派に評判の良い業者ですが、09年10月にリリースされた新ツール「DRV分析チャート」においてペンタゴンチャートの使用が可能です。

保有している通貨を決済せず、貯まったスワップの金額のみを出金することや、、含み益での新規建てを行うこともできます。

⇒FXCMジャパン証券の口コミを見る